親子でバスケットボール

先日、小学校四年生の娘のクラスで親子学習会というものがありました。授業参観とは別で、親子で何かを学びましょうという時間です。普段、授業参観では二年生の息子と半分ずつ参観しているのですが、この日はつきっきりなので子どもたちは楽しみにしているようでした。今回何を学んだかと言うと、バスケットボールです。地元にプロのバスケットボールのチームがあり、その宣伝やバスケットボールの普及なのでしょう。チームのコーチが三人来て指導をしてくれました。簡単なものかと思ったら本格的でチームに分かれてシュート対決や、コーチと試合などなどがっつりバスケットボールをやりました。実は運動がとても苦手の私、気が重かったんです。娘には、足を引っ張らないでよ!と言われていたし。実際は、まだまだ小学生にほ負けませんでした。シュートも奇跡的に入れることができたし、娘にも少しいいところを見せられたかなと思います。たまには親子で体を動かすのも悪くないですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です